印鑑証明書は必須

廃車には印鑑証明書は必須


廃車処分をするときは、公的な手続きが生じます。それが終わることで、証明が得られるようになります。そのため、廃車の手続きをするうえで、当事者側も証明書類を用意しなくてはなりません。通常、廃車をするときに必要になるのは、車の解体処分をお願いした業者から発行される移動報告番号、移動報告番号が必要になります。この2点は解体が終われば、業者からもらえ増す。

しかし、それ以外は自分で取り寄せたり、用意しなくてはなりません。ナンバープレート、リサイクル券、身分証明書、実印、印鑑証明書が必要になります。このうち、印鑑証明は普段はなかなか必要とする場面が多く、慣れない書類です。印鑑証明書は期限があり、取得から3か月以内となっています。ですから、昔取ったものと変わりがないからと言って、古いものを使うことはできません。

前もって用意することは大切ですが、期限を意識して準備することが重要です。印鑑証明書は、実印の登録をしていなければ、当然発行することはできません。そのため、実印登録をしていない人は、この書類を用意することはできません。

では、どうしたらいいのかと迷う方も多いようです。何かほかの書類で代行できるのか、もしくはなくてもいいのかと考えがちですが、残念ながら廃車には、印鑑証明書は必須になっています。サインの意味で使う印鑑が、実印であると証明しなくてはなりませんので、必ず用意して証明する必要があります。ですから、印鑑登録していない方は、廃車の前に登録をしなくてはなりません。

面倒のように感じますが、印鑑登録は難しいことはなく、短時間で完了します。実印と知る印鑑と身分証明を持って、行政機関に行くだけです。書類に必要事項を記入して、登録する印鑑を押印する簡単なものです。料金も数百円程度と印鑑の購入代金のみです。

ですから、廃車を考え出したら、まずは印鑑登録の有無だけでもチェックしておくことで、スムーズな廃車手続きになります。このように廃車をするときには、例外なく印鑑証明書が必要になります。登録していなければすぐに登録をします。登録済みの場合は、取得した日にちに注意することが大切です。廃車に必要な他の書類は良く使う身近なものですので、ここだけに気を付ければ、難しいことはありません。ポイントを押さえれば、書類の不備で時間を余計にかけることもなく、効率的に手続きが進められて安心です。

書類の準備をバッチリにして、廃車処理をスピーディーに済ませましょう。

最近の投稿

Copyright© 2014 廃車にするときの必要事項 All Rights Reserved.