リサイクル料金

廃車時のリサイクル料金にかかる消費税について


自動車のリサイクル法は2005年の1月から施工されています。使用済自動車の再資源化等に関する法律である自動車リサイクル法により、自動車をリサイクルする為に各自が役割や責任をもって処理する事が義務付けられた法律になります。
自動車の所有者はリサイクル料を支払い、廃車の時に解体業者に自動車を引き渡します。
リサイクル料を支払う時期は車を購入した時で、料金はメーカーや車種によって異なります。金額は一般車両では5千円~2万円くらいになります。
またリサイクル料金にかかる消費税については、支出時は不課税扱いとなります。

そして廃車時に課税仕入れとされます。リサイクル料金を支払った後にリサイクル券が発行されます。このリサイクル券はリサイクル料の支払いが済んだ事を証明する書類になりますので、車検証と一緒になくさないように保管をしましょう。

リサイクル券が必要になるのは車検や廃車の時、中古車として売る時に必要になってきます。
支払ったこれらの費用は、車を解体する時に出る廃棄物の処理の費用に充てられます。
車は鉄やアルミニウムが多く使われているのでリサイクル率は比較的高いのですが、約20%がシュレッダーダストと呼ばれる解体の際に出るゴミになります。
リサイクル法以前は埋め立て処分をされていたのですが、埋め立て処分の場所がなくなってきた事により、車の不法投棄が懸念されるようになってきました。
またカーエアコン等で使用されているフロン類は環境問題を引き起こし、エアバッグは処理を間違えると爆発の危険もあります。
また廃車するような車であっても買取をしてくれる業者は沢山あります。
中古車や輸入車として再利用できる場合がありますが、この場合は料金を全額返却してもらえます。

中古車になってオーナーが変わったとしても、新しいオーナーが料金を払い続けます。
そして全オーナーは料金が払い戻されます。
払戻の方法はたいてい買取価格にその料金が含まれます。
最終的に廃車する人がその料金を使って廃車をするシステムになっています。
廃車をするのも費用は掛かって来ますので、もう売れないと考えている車であっても、とりあえず業者に見積りをとってもらう事が大切です。
インターネットで一括で無料見積りをする事ができるので、利用すると大変便利です。
廃車金額より高く、その中で一番高値で買い取ってくれる業者を選びましょう。
車を再利用することはエコにもつながるのです。

最近の投稿

Copyright© 2014 廃車にするときの必要事項 All Rights Reserved.